月山の主な登山ルート


月山は昔から信仰の山として、近隣各県から沢山の参拝者がやってきました。
そのため四方八方に沢山の登山ルートが存在しましたが、
現在は道路整備の進んだ3つのルートがメジャーとなっています。

羽黒口
詳しい紹介はこちら
 代表的な羽黒山を経由した登山口です。昔から表参道と呼ばれ沢山の参拝客でにぎわいます。
八合目から頂上までは約5Kmの道のりで、途中「行者返し」と呼ばれる30mほどの急な坂がありますが、それを除けば緩やかな歩きやすい登山道です。
我が仏生池小屋も8合目から約1時間30分歩いたところにあります。
湯殿山口  朝日村の湯殿山神社から入山するルートで、歩き始めていきなり鉄バシゴがあるほど急な上り坂が続きます。
地元の人も嫌がるほどなので、他のルートから入山し湯殿山口へ下山することをおすすめします。
「湯殿山」と呼びますが、湯殿山頂上へは行くことができません。
地元では湯殿山神社のある仙人沢の一帯を総称で湯殿山と呼んでいます。
志津・姥沢口  月山夏スキーでも有名な西川町、志津から入山するルートです。
スキー場用のリフトがあるため、最近人気の出てきたルートです。
リフトを降りてから約1時間30分ほどで頂上に着きますが、頂上に着くまで急な登りが続きます。
肘折口 距離が長く、初心者には不向き。
ただし歩く人が少ないので自然を満喫するには最適。
岩根沢・本道寺 上の地図にはありませんが、昔からの月山神社参拝道です。
岩根沢には現在も宿坊があり、参拝客を迎えていますが、
現在このルートを歩く参拝者はほとんどありません。
頂上付近は迷いやすいです。



Top