月山登山の心得
〜これだけは知っておいて〜

月山(出羽三山)は、今から約1400年前に
第32代・崇峻天皇(すしゅんてんのう)の皇子、蜂子皇子(はちこのおうじ)によって開山されました。

そして皇子の修行の道が羽黒派古修験道として発展し、出羽三山信仰の根本を成してきました。

その歴史は平成の今なお言い伝えられ、現在に至っています。

月山の頂上には月山神社本宮があり、「月読命」が祀られシーズン中たくさんの参拝者が訪れます。
そして、その方々によって現在の月山(出羽三山)は長い間守られて参りました。

月山(出羽三山)はその方々の山であり神社であり続けてきました。
そしてその考え方は今後も変わることはありません。
今、月山に登ることができるのは、その方々のおかげです。

しかし近年の百名山による登山ブームにより登山者が増加している昨今、
その根本が大きく崩れようとしています。

月山には様々なルールがあります。
その一つに、月山神社本宮を参拝する(月山頂上に登頂する)には、
参拝料を納めてお祓いを受け、身を清めなければなりません。

そのお金は神社の運営費の他、参道整備やトイレの建設費などに使用されています。
それはあくまでも神社参拝者のために行われてまいりました。
長い歴史のなかで大多数は参拝者であり、
ハイキング登山者はほんの一握りでしかありませんでした。

「山の頂上に行くのになぜ御祓いが必要なのか?」と問われます、
月山は山である前に神社であり、参道(登山道)の全てが
出羽三山神社の境内になっています。

伊勢神宮や出雲大社の入り口の鳥居から本殿に到るのと同じように、
羽黒町手向の大鳥居から長い長い参道を通って月山神社の本殿前に行き着いているのです。
そして月山神社は本殿の中のさらに奥の拝殿に入ることと同じなのです。
皆さんが住んでいる町の小さな神社でも、拝殿に入るには御祓いが必要なはずです。

それから、月山の頂上(最高点)には三角点がありません
その昔、国土地理院が測量をしたときには月山の頂上にはすでに
月山神社があったため、頂上に三角点を置くことができませんでした。
そのため月山の三角点は頂上よりも低い位置に立てられています。

あくまでも頂上は月山神社本宮のため、出羽三山神社の意向により、
三角点への案内表示、頂上看板の設置は行っておりません。
百名山を目標にしていらっしゃる方には腑に落ちない点があるかとも思いますが、
長い歴史を踏まえた上で月山を愛していただきたいと思います。

いろいろ書きましたが、月山は山であり国立公園ではありますが、
出羽三山の山域全体が山そのものを神と崇める山岳信仰、
修験道の神域であるという意識を持って参拝または登山して頂きたいと思っています。

管理人より



TOP